仕事を辞めたら、すぐにハローワークに行こう

 にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ

ハローワークに初めて足を運ぶ人の中で最も多いのが、仕事を辞めた人です。

雇用保険に入っていれば、退職した際にその保険金が支払われます。

まず、辞める前に雇用保険被保険者証の有無を確認してください。

雇用保険に加入している証明です。

そして退職後、会社から雇用保険被保険者離職票が届きます。

スポンサーリンク

それらと免許証などの写真付きの証明証、スピード写真などの証明写真2枚、印鑑、本人名義の通帳を持ってハローワークに行きます。

ハローワークではそれらを元に受給資格の決定を行います。

受給資格があるかどうかや、その受給期間などが決まるのです。

資格が決定したのち、雇用保険受給者のしおりが渡されます。

後日、雇用保険受給者初回説明会が指定の日時に行われますので、必ず出席しましょう。

そこで雇用保険の受給などについての詳細が説明されます。

失業状態にあること、求職活動を行っていることの確認を4週間に1度行い、雇用保険が受給されます。

受給される日数や金額は人によって様々です。

ですが、手当てを受け取れる期間は原則として離職した日から一年間と決まっています。

離職してからのんびりしていると、受給日数はあるのに受け取れない、ということになりかねません。

そうならないためにも、退職して離職票が届いたら、すぐにハローワークに行きましょう。

こんな記事も読まれています:

スポンサーリンク