退職したら雇用保険の手続きを

 にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ

仕事を退職する際、雇用保険に入っていると保険金が給付されます。

失業中の生活の心配をせずに再就職活動ができるように、という意味があります。

急に給料がなくなると、生活が不安になります。

再就職活動をしようにも、日々の生活をする給料がありません。

そのため、バイトなどをしなくてはならず、再就職活動も遅れてしまいます。

スポンサーリンク

その結果、なかなかその生活を抜け出せずに、再就職活動も進みません。

そこでこの雇用保険があるのです。

ただし、この雇用保険も人によって貰える期間、開始の時期、金額などが変わってきます。

年齢、雇用保険への加入期間、離職理由によって差が出てくるのです。

これを知らないで離職してしまうと、損してしまう場合もあります。

まず、雇用保険への加入期間です。

他の要因によっても変わりますが、極端な話、一日違うだけでもらえる額が半分になってしまうこともあります。

退社する際は、いつ雇用保険に加入したか確認し、損しないように気をつけましょう。

離職理由も自己都合なのか会社都合なのかでもらえる期間などが変わってきます。

会社都合での退社だと手続き後すぐに給付されます。

しかし自己都合での退社だと、3ヶ月の待機期間の後に給付となります。

また、会社都合だと自己都合よりも長い期間給付されます。

退職する際には、きちんと会社と話し合いましょう。

会社都合の退職なのに、自己都合と離職票に書かれてしまう場合だってあるのです。

会社にとってはその方が都合がいいからです。

その点をはっきりさせ、不満な点などはハローワークに相談しましょう。

退職する前に雇用保険をどれだけもらえるのか調べてみてください。

退職するのを、もう数週間先にした方がいい場合もあるからです。

雇用保険は貰える権利がありますので、再就職のためにもきちんと貰いましょう。

関連記事(一部広告含む):

スポンサーリンク