質問力で面接を突破する

転職時の面接での合否は、“質問力”によって分かれるといわれています。

ある程度の規模の企業であれば、ホームページを持たない会社はないと思いますから、面接前によく読んで目を通しておきましょう。

とくに、その会社の販売商品や企業情報などはチェックしておきましょう。

会社を知った上で質問すれば、より印象深くなります。

転職の際、面接で聞いておきたい質問のひとつですが、中途採用で入社し活躍するタイプを聞いてみてください。

この質問をすることによって、あなたのやる気を見せ、なおかつ、その会社に最近入社し活躍していくタイプやパターンを把握することで、その会社に欲しい人材のイメージもつかめるはずです。 続きを読む 質問力で面接を突破する

転職回数は少ないほうがいい?

履歴書に転職歴が多いと、「この人は勤めてもすぐに辞める人ではないか?」と見られる場合があります。

とくに、異業種を転々としている場合は「飽きっぽい人物なのではないか?」と判断されかねません。

ただし、技術職などの職種によっては(IT系、とくにSEの方においては)、現在需要が大変に高く、それでいながら転職者は少ないので、転職した回数よりも、その人の成果や実績を考慮して採用されるケースが多いように感じます。

では、もし現在あなたが、3回以上転職をしていたのなら、どうすればよいのでしょう? 続きを読む 転職回数は少ないほうがいい?

自分の適性は何か?

一昔前は、年功序列で、勤続年数が長ければそれなりの役職に付け、年齢が上がれば自然に給料もアップするのが当たりまえでした。

しかし、終身雇用が崩れ、長く勤めたからといって給料は右肩上がりに上がらなくなりました。

会社の業績によっては、高年齢の高給料をもらっている社員がリストラされるということもありえます。

派遣会社も増えました。

特定の会社に永年雇用するという考えではなく、その時代で業績のよい企業に必要な社員を派遣するという合理的なシステムです。 続きを読む 自分の適性は何か?

職場を辞める理由

転職理由で多いのが、

1.対人関係

2.給料などの待遇面

3.仕事にやりがいがない

今の会社で満足していれば、転職などは考えないと思いますから、なんらかの不満が要因というのはありえます。

転職先で面接を受けるときに必ず聞かれるのが「転職理由」です。

この「転職理由」をうまく説明できるかどうかで採用が決まるといっても過言ではありません。 続きを読む 職場を辞める理由

履歴書の書き方