職場を辞める理由

 にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ

転職理由で多いのが、

1.対人関係

2.給料などの待遇面

3.仕事にやりがいがない

今の会社で満足していれば、転職などは考えないと思いますから、なんらかの不満が要因というのはありえます。

転職先で面接を受けるときに必ず聞かれるのが「転職理由」です。

この「転職理由」をうまく説明できるかどうかで採用が決まるといっても過言ではありません。

スポンサーリンク

実は、もっと大事なのが、前の職場を辞めた「退職理由」なんですね。

この「退職理由」は「転職理由」に深く関わっています。

さらに言いますと、職場を辞めるときは、この「退職理由」を周囲が納得できるものをよく考えて辞める必要があります。

たとえば、この「退職理由」を「人間関係がイヤだから」とか「残業が多いから」とかいう理由で辞めてしまうと、次の転職先で説明しにくくなります。

また、人間関係がイヤで辞めた人は次の職場の対人関係でもトラブる傾向があります。

人はそんなに簡単には変われませんし、「上司が気にいらない」とか「部下が生意気で」とかいうのは、どこの会社にもあることです。

また、「残業が多いから」という理由も、転職で残業の少ない仕事に就ければいいですけど、「なぜ、そんな残業の多い仕事を選んでいるのか?」という根本的なところを見直さないと、改善できない場合があります。

辞めるときは、次の転職のことなどもよく考えてから辞めることが大切です。

関連記事(一部広告含む):

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。