もしも、ヘッドハンティングされたら?

 にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ

スカウトメールが流行っています。

あなたのスキルや資格、経験など見て、採用担当の方が興味を持たれたらメールが来るというものです。

どんな仕事でもいいから就きたい!というなら別ですが、どの会社にしたらいいか迷ってしまいますよね?

逆に、「そんなに流行っているなら、どうして自分のところには来ないんだろう?」と不満に思われる方もいらっしゃるのでは。

企業のヘッドハンターはどんな人に目を付けるのでしょう?

多くの会社からスカウトされる人材には特徴があります。

スポンサーリンク

・企業の求人倍率が高く、希少性の高い職種についている人

これはどんな職種かといいますと、システムエンジニアや経理または、財務、法務、人事などの専門職をしている方が該当します。

人材の人数が少なく、売り手の個人がやや強い立場であるといえる職種です。

・情報を発信している人

たとえば、ビジネス雑誌で登場している人です。

そういう人はスカウトの電話がどんどんくる可能性が高いです。

また、近年では、ブログによって有益な情報を発信している人にスカウトがかかる場合も増加しています。

情報を発信している事はひとつの重要な要素であるといえるでしょう。

こんな記事も読まれています:

スポンサーリンク