派遣社員という働き方

 にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ

正社員の他に、アルバイトやパート、派遣社員、契約社員など、いろいろな働き方があります。近年、派遣社員という雇用形態を選ぶ人が増えてきました。

派遣社員は派遣会社に登録し、派遣会社と契約を結んでいる企業に短期契約で働きます。

契約の更新は、派遣会社を介して行います。

派遣社員が増えてきた背景には、企業が必要な人材を必要なときだけ活用する効率的な雇用形態を選ぶようになってきたのと、求職者がライフスタイルの多様化に伴い、勤務先や勤務地を自由に選んで、プライベートの充実を求め始めているからだといわれています。

スポンサーリンク

アルバイトやパートについては定着しているのでわかりますが、派遣社員と契約社員との違いってなんでしょうか?

それは、派遣社員が派遣会社に所属しているのに比べて、契約社員は企業と直接雇用契約を結びます。

大きな違いは、間に派遣会社が入るという点です。

派遣会社が仲介することによるメリットは、何かトラブルが起こった場合に、派遣会社にトラブル解決に向けて動いてもらえることでしょう。

デメリットは、派遣会社抜きの話ができません。なんでも派遣会社を通す必要があります。

ですので、交渉力のある人であれば、契約社員になったほうが待遇はよいと思われます。

関連記事(一部広告含む):

スポンサーリンク