面接の重要ポイント

 にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ

初めての就職、という際に味わっている面接の緊張感がわかるからこそ、面接というと、体が固まってしまいます。

でも、面接という機会は、相手の企業が、あなたについて詳しく知り、どういう希望をもって転職を選択したのかということを「わかってくれようと」している機会、と思ったほうがいいと思います。

面接をするほうは、「ふるい落とし」を行うために面接をするのではなく、より有能な、企業に必要な人材を得るために、面接を行っているのです。

だから、自分をよく知ってもらう、自分の意欲をわかってもらう、ということがポイントになると思います。

スポンサーリンク

現代の企業はありふれた作られたアピールは求めていません。

その本人の生の声が聞きたい、という会社がほとんどです。

自分の言葉で、しっかりと答えることが出来るように、自分の志望動機や以前の会社の退職理由などをまとめておくといいでしょう。

言葉に詰まっても、自分の言葉で一生懸命に話そう、という気持ちは相手に伝わるものです。

そこに、あなたの真剣さがでると思います。

身だしなみに気を使う、というのは、当たり前のことで、あいさつ、明るくはきはきとした受け答え、さらに、自分に自信をもってしっかりと受け答えをする、という必要があると思います。

むやみに自分を作る必要はありませんが、面接の機会を活かそうとしている、意欲がある、ということを相手に伝えるつもりで挑みましょう。

ポイントとしては、過去の職場での経験、転職が決まったら、実際どのようなことを行いたいか、退職の理由について、元の企業の悪口などは絶対にいわない、などになると思います。

こんな記事も読まれています:

スポンサーリンク