転職の現状はどうなの?

転職の現状を知るためには、雇用情勢や採用といった沢山の資料を参考にしてみることになります。

例えば、失業前と同じ業種に再就職した人の割合や、再就職までの期間、転職方法の割合、といったものから推測することになります。

現代は、非常に多種多様な職種がありますので、一概には言えないのですが、どの企業も、転職者に対して、発想や企画力、コスト意識、財務センス、というものを挙げているようです。

スポンサーリンク

なぜ、こういったことを転職者に求めているのか?というと、やはり、既に、他企業によって、仕事を経験している、ということになるようです。

経験を活かした発想力、企画力を活かした仕事をして欲しい、またグローバルな意識をもった発想をして、仕事をしてほしい、ということを望んでいるようです。

企業にとっても、転職者、というのは、うまくいけば、よその企業で素晴らしい人材として育ててくれた才能あふれる人材を頂く、ということになります。

また他の企業では合わなかったかもしれないが、うちなら力を出してくれるかもしれない、という気持ちを持っている、ということになります。

転職の現状は、以前よりも、楽になっている、といっていいと思います。

どの企業も、既に経験を踏んでいる、「即戦力」が欲しいからです。

昔のように、「うちの会社で育てる」という余裕が、企業の経済力の中に、なくなっている、という傾向があるからです。

一からその社員にお金を出して(給料を出して)、能力をつけてもらうよりも、能力がある人が、企業にそのまま来てくれるほうがいいのです。

だからこそ、履歴書や職務経歴書、というものが、重要になってくるのです。

以前よりも、転職をする方が多くなっている、という状況の中で、より自分の経験やスキルをアピールできる職務経歴書などをかけるか、それが、今の転職に勝っていくポイントになる、ということがわかりますね。

関連記事(一部広告含む):