職務経歴書の書き方のコツ

 にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ

職務経歴書は今まで働いてきた経験をアピールするものです。

その書き方に、あまり決まりはありません。

今までに、どんな職種の仕事をどれぐらいやったのか。

その成果はどれぐらいか。

どんなポジションにいたのか。

スポンサーリンク

会社にどれぐらい貢献したのか。

そのようなことを書きます。

時系列に箇条書きでまとめるのが一般的でしょう。

今まで会社を幾つか勤務したのであれば、その全てを書きます。

何が相手の琴線に引っかかるかわかりません。

ただ、紙にしろ、ネットでの書類にしろ、2枚程度で留めましょう。

相手の担当者は、5枚も6枚もびっしりと書かれた書類を読めるほど暇ではないはずです。

結果、あまり伝わらない、なんてことになりかねません。

そして、経験年数でボリュームを変えるのではなく、目立たせたいポイントだけボリュームを増やしましょう。

そうすればそこが目立ってアピールできます。

次の会社に役立ちそうなポイント、自分が力を注いできたポイントを目立たせれば、自然と採用に近づくはずです。

職務経歴書は単に今までの仕事をつらつらと書くだけのものではありません。

あくまでアピールのための書類だ、ということを念頭に置いて書いてください。

関連記事(一部広告含む):

スポンサーリンク