転職エージェントを利用してみよう

転職エージェントも最近では多くあります。

エージェントとは代理人のことで、希望の職種や形態を伝えれば企業を探し、勧めてくれます。

さらに企業とのパイプ役として、面接などの日程調整から、給与交渉まで行ってくれるのです。

スポンサーリンク

転職サイトと違う点は、エージェントとは連絡を取り合って連携することが大事、という点でしょう。

そうしないと希望が伝わらなかったり、意思疎通がとれないですから。

大体がまずは転職エージェントの会社に行って、面談をするところから始まります。

そして希望を聞きながら詰めていきます。

『マイナビエージェント』や『リクルートエージェント』などの他にも転職サイトを持つ大手のエージェント、求人数の多さが魅力の『DODA』、エンジニア系に強い『type』などがあります。

実際に顔を合わせて話をするので、その道のプロの話や、裏話なども聞けます。

その職種に求められるものや、合っていそうな会社など、相談していくうちに固まっていき方向性が見えてくるでしょう。

また、他のサイトや求人で見つけたものでも、エージェントに相談すれば、その企業と連絡をとってくれることもあります。

密に連絡をとる必要はありますが、それが嫌でなければエージェントは利用してみる価値はあります。

エージェントと二人三脚で、転職目指して進んでいくのです。

関連記事(一部広告含む):