HOME >> 履歴書の書き方01 >> 退職理由欄の書き方

退職理由欄の書き方

 にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ

退職理由欄は、採用のとき、書類選考の際に、非常に重要視される部分でもあります。

採用担当者がまず知りたいことは、トラブルがないか?ということ、トラブルあっての退職の場合、やはり採用は避けたい、と思いますよね。

また何かの職種で、懲戒免職などになっていないかなどを、まず情報としてほしいわけです。

さらに、その人の責任感はどうなのか?無責任に自分の仕事を放り出して、退職したのではないか?ということですね。

帰属意識、さらに業務環境について、自分なりの見解をしっかりもって、責任感のある気持ちで退職をしたのか、という点に注目をします。

スポンサーリンク

有能な人材がほしい、というのはどこの採用でも同じですね。

でも、いくら有能な人材でも、トラブルメーカー、自分勝手、会社に対して愛情がない、というような人間では、後々に影響を及ぼすわけです。

ですから退職理由欄に、前の会社はこういうことをやらせてくれなかった、とか、能力主義といっておきながら、昇進がなかった、というようなマイナスイメージのあることは記載しないほうがいい、という事になります。

退職理由の欄は、退職理由が、そのまま志望動機につながっていく、というような流れで書くといいと思います。

マイナスイメージになる、前職の批判、上司や同僚への批判、つまり、自分の不満を理由にしない、ということです。

本当に、その不満が退職理由だったとしても、書くことはタブーです。

退職理由は、転職志望欄のように、あくまでも前向きな自分、ということを記載しておくべきだと思います。

スポンサーリンク

履歴書の書き方