HOME >> 履歴書の書き方03 >> 退職理由欄の書き方

退職理由欄の書き方

 にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ

退職理由欄ですが、全て正直に記載するのは考ものです。

例えば、「人間関係が上手くいかなかった」「会社が自分の事を過小評価していた」など、前職の不平不満を書き連ねるのはマイナスイメージが強くなってしまいます。

また、その事によってトラブルの多い人であるとの印象をもたれる恐れもあります。

自己のキャリアビジョンを示し、それの達成する為に退社を決意したというように、仕事への前向きな気持ちをアピールするように心がけて下さい。

また、「やりがいのある仕事がしたい為」と記載するのもマイナスです。

スポンサーリンク

何故なら、やりがいは自分で見出すべきものだからです。

「残業が多い事」を理由として記載するのもマイナスです。

残業があるとすぐにやめてしまうと判断されてしまうからです。

当然ですが、「リストラで退職」というのも避けましょう。

「早期退職制度に応募し退職」等と記載しましょう。

倒産による退職と記載するのはさしつかえありません。

これは、退職がやむをえないからです。

スポンサーリンク

履歴書の書き方