HOME >> 履歴書の書き方04 >> 面接の心構えは正直に伝える事

面接の心構えは正直に伝える事

 にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ

転職には面接がつきものです。

緊張し過ぎて、本来の自分をアピールできなかった!と云う人も多いのではないでしょうか。

企業で採用を決める側の人には、それぞれ採用理由というものがあります。

ある採用担当者は、その人のユニークさで採用を決め、ある人はその人のキャリアで採用し、ある人は真面目さ・誠実さで採用します。

それぞれの職種や面接官によって判断基準は様々なのです。

採用の基準というものは一概にコレというものは無く、お互いのフィーリングが合う、という事が一番なのかもしれません。

スポンサーリンク

まずは自然体で面接に臨むことです。

もちろん自己アピールと言うのは大切ですが 、過剰や脚色は禁物です。

何故なら、それは虚飾になりますし面接官に見抜かれてしまうものです。

ですから、苦手な事は正直に未経験なら未経験で、それを正直に伝える事です。

そして後は、なぜその仕事をしたいか、どのくらいその仕事をしたいかと云う熱意を伝えるのです。

それが一番大切なのではないでしょうか。

それで フィーリングが合う企業なら採用されるでしょうし、フィーリングが合わなければ縁が無かったものとして、他の企業を探せばいいんです。

時間がかかる事もありますが、それが適職を見つける最短の方法なのです。

嘘をついて転職しても、実際の仕事についていけなかったり、思ったような仕事が出来なかったりして、その会社になじめないかも知れません。

面接ではあまり背伸びをせずに、ありのままの自分を見てもらいましょう。

ありのままの貴方を認めてくれる会社とは、後々上手くやっていけるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

履歴書の書き方