結婚適齢期の女性の転職

 にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ

長い間、ひとつの会社に長く勤めていることが良いとされてきました。

とくに、クレジットローン会社の審査などは、勤続年数を重要視します。

しかし、年功序列が崩れ、現在では、キャリアアップのためなどと、転職することにさほどデメリットが感じられなくなってきていますし、男性に比べて女性が特別不利ということも少なくなってきています。

スポンサーリンク

女性の社会進出が進んで、以前は女性の姿を見かけることのあまりなかった業種にも、女性を採用する企業が増えてきてはいますが、いくら男女の就職について差別がなくなったとはいえ、依然として女性特有の問題は残っています。

やはり女性は、「適当な年齢になれば、いずれ結婚して出産するだろう」と見られることも多いでしょうし、20代半ばから後半にかけての年齢ですと、「雇ったはいいが、すぐ結婚やなにやらで辞められるのではないか?」と思われることも多いようです。

そのため、同じような条件の男性と女性が面接で残った場合、どうしても女性が不利となってしまうように思います。

また、子供がいると、子供に関する行事や病気(子供って熱を出しやすいんです!)などで遅刻や早退などが増えてしまうということもあります。

すべての女性が同じではありませんが、他の女性がそういった理由で退職したり、遅刻や早退が多かったりすると、やはり会社側としては、子供のいる女性を敬遠しがちになってしまいます。

結婚適齢期にある女性は、採用側にそう思われるであろうことを予測し、転職の際には、そのあたりについて十分に説明を加える必要があるでしょう。

こんな記事も読まれています:

スポンサーリンク