女性の転職!職務経歴書の書き方のコツ

 にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ

面接の際には、履歴書の他に職務経歴書を提出するとよろしいでしょう。

とくに、面接の苦手な方は、職務経歴書を念入りに書かれたほうがいいと思います。

職務経歴書には、これまでに行ってきた仕事内容や実績を時系列で書き込みますが、そのポイントを説明します。

何年から何年まで、どんな部署で、具体的になんの業務に携わってきたかを書き出します。

スポンサーリンク

この時に脈絡なくこれまでにやってきたことをダラダラと書き連ねるのではなく、企業の採用担当者にご自分の実績をアピールするつもりで書いてください。

ともすると職務経歴書を書くことだけに集中してしまいがちですが、企業の採用担当者が読んでいるという前提で書きましょう。

職務経歴書の内容は、職種によって違ってきます。

事務なら、実務経験につながる資格やPCスキルなどの自己アピールをあげ、どんなサポートをしてきたのかを読みやすくわかりやすく書きましょう。

営業なら、どんな商品の販売やサービスを行ってきたのか、得意先回りで工夫した点、具体的な実績などを数字で表すとよいようです。

取得資格もアピールポイントのひとつですので、明記しておいてください。

持っている資格は取得年順に記入して、現在、取得を目指して勉強中のものがあれば、それを付け加えるのもアピールになります。

そして、最後に、新しい職場でどのような仕事をしたいと思っているのか、その意気込みについて書いてください。

関連記事(一部広告含む):

スポンサーリンク